仏・ペットショップでの犬猫販売禁止「否定された気持ち」の声も

  • 2022.01.18
仏・ペットショップでの犬猫販売禁止「否定された気持ち」の声も

世界各地の街角の話題や最新ニュースをお伝えするキャッチ・ザ・ワールド。フランスでは2024年からペットショップで犬や猫を販売することが禁じられることになりました。歓迎する声がある一方、ペットショップは悲痛の声をあげています。パリから富永高史支局長の報告です。

富永高史支局長
 「パリ市内のペットショップです。こうして、かわいい犬や猫たちが展示されていますけども、こうした光景はフランスでは見られなくなります」

 創業70年のペットショップ。幼い犬や猫たちが買い手を待っています。オーナーのムッチさんは、新たに作られた法律にため息をつきます。

ペットショップ経営 ヴィルジニー・ムッチさん
 「人生の40年間をささげたこの仕事の終わりです」

 フランスでは2024年1月以降、ペットショップでの犬や猫の販売を禁止する法律が成立しました。飼いたい場合にはブリーダーから直接購入するか、保護団体からの引き取りなどに限定されます。この法律によって、犬猫専門の販売店およそ100軒が倒産するとみられています。

ペットショップ経営 ヴィルジニー・ムッチさん
 「(犬と猫の販売で)売り上げの98%なので、私の生業が奪われたのも同然です」

 背景にあるのは捨てられるペットの多さ。1世帯に1匹のペットがいるといわれるフランスでは、年間10万匹が捨てられているといいます。中でも問題視されたのが、「衝動買い」。コロナ禍を機に飼い始め、その後、捨ててしまう人が続出しているほか、クリスマスにプレゼントされたペットが夏には大きくなり、バカンスの前に世話をあきらめる人が多いといいます。

動物愛護協会 フォンボンヌ会長
 「ジーンズを買うみたいな感覚なんです。動物をショーウィンドーに飾る商品として捉えるのは異常ですよ」

 新たな法律では、購入する人に飼育に関する知識があることや、責任をもつことを宣誓する署名を求め、引き渡しまでに7日間、考え直すための期間が設けられます。世論調査では7割近い人が賛成です。

賛成の人
 「ペットショップではよく考えないで購入する人も多く、結局は捨てますからね」
 「愛情を受けずに、何か月も展示されている動物もいるんです」

 一方、ペットショップ経営のムッチさん。1日2回、ケースに敷く木くずを取り換えるなど、犬や猫を大切に扱ってきた自負があり、納得できません。

ペットショップ経営 ヴィルジニー・ムッチさん
 「まるで私たちが犬猫を虐待しているみたいでちょっと・・・」

 法律ではウサギなど他の動物の販売はできることになっていて、矛盾も感じています。新たな法律で身勝手な飼い主をなくすことが出来るのか。その効果が注目されます。(16日13:30)

▼TBS NEWS 公式サイト
https://news.tbs.co.jp/index.html

▼TBS NEWS 公式SNS    
◇Twitter  https://twitter.com/tbs_news?s=20   
◇Facebook  https://www.facebook.com/tbsnews  
◇note  https://note.com/tbsnews  
◇TikTok  https://www.tiktok.com/@tbsnews?lang=ja  
◇instagram  https://www.instagram.com/tbsnews_insta/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」
https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/tbs-insiders/

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」
https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/toukou/

カテゴリの最新記事